文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

【N3文法】お/ご~になる/になります

接続

 お/ご+一段動詞ます形+になる/になります
 お/ご+五段動詞ます形+になる/になります
 ご+サ変動詞語幹+になる/になります

意味

 -

解説

 相手あるいは第三者の行為・物事・状態等を立てて述べる尊敬表現です。
 原則として和語には「お」、漢語には「ご」が付きます。ただし多少の例外もあります。

お/ご~になる
お/ご~になります
お/ご~になりました

 ※「お/ご~です」は事実を述べるときに使いやすく、「お/ご~になる/になります」は状況や状態に変化が起きるときに用いやすいです。

例文

(1) ピアノには自信があります。聞きになりますか?
     我对自己的钢琴很有自信。您要听一下吗?
     I am confident in playing the piano. Would you like to listen?
(2) 越しになる前にご予約お願いします。
     来之前请预约一下。
     Please make a reservation before you come.
(3) お客様が見えになりました
     客人来了。
     The customer has arrived.
(4) 社長は先ほど帰りになりました
     社长刚才回去了。
     The president has just left.
(5) 田中さんは結婚式に出席になりますか?
     田中先生出席婚礼吗?
     Will Mr. Tanaka attend the wedding?
(6) この料理を作りになる前に、食材の下処理をしてください。
     在制作这道菜之前,请先处理好食材。
     Please prepare the ingredients before cooking this dish.

備考

尊敬語

お/ご~くださる/ください
お/ご~です
お/ご~なさる/なさいます
お/ご~になる/になります
お/ご~になれる/になれます(可能)
~ていらっしゃる/ていらっしゃいます/ておいでになる/ておいでになります
~れる/られる/される(尊敬)
~させてくださる/させてください

謙譲語Ⅰ・Ⅱ

お/ご~する/します/致す/致します
お/ご~頂く/頂きます(相手の行為に対する感謝)
お/ご~頂けませんか/願えませんか(婉曲的に相手に行為を求める)
~て頂けますか/て頂けませんか(婉曲的に相手に行為を求める)
お/ご~申し上げる/申し上げます(伝達、依頼、祝い、謝罪…)
~させていただく/させていただきます(自分の行為の許可を請う)
~させてやって頂けませんか(自分の近い第三者に物事をさせることを相手にお願いする)
~て頂けるとありがたい/て頂けると幸いです(相手がそれをしてくれたら非常に嬉しい)
~ておる/ております(「~ている」の謙譲語)

丁寧語

・~です/~ます
~てもよろしいですか/てもよろしいでしょうか(婉曲的に問い掛け、お願いする)
~ございます(「~です」「~あります」の丁寧形)




コメント

コメント一覧 (2件)

  • ごちそうになる。の主語は自分なのですが、ご~になるは、尊敬語に作ります。自分の行為に尊敬語は使えません。
    さて、ごちそうになる。は、どのように解釈すればよいのでしょうか?

    • >シマノさん
      コメントありがとうございます~
      「ご馳走になる」は尊敬語「ご~になる」とは関係ありません。
      他の人から何らかの恩恵を受けるという意味の「~になる」であって、他にも「世話になる」があります!
      「ご」や「お」は美化語や尊敬語です。
      馳走になる→ご馳走になる、世話になる→お世話になる

コメントする

目次