文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

令和5年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

令和5年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

(12)「ておく」の用法

 「~ておく/とく」には準備と放置の2つの用法があります。準備は何かの目的のためにあらかじめ物事を済ませておく用法、放置は何もしないでほっとくこと。

 準備:明日のために、しっかり栄養を摂っておこう
 放置:このまま窓を開けておこう

 1 放置(そのまま流しておく)
 2 放置(そのまま閉めておく)
 3 準備(試験のために見直す=試験のための準備)
 4 放置(そのまま掛けておく)
 5 放置(そのままつけておく)

 答えは3です。




コメント

コメントする