文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

令和4年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(15)解説

令和4年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(15)解説

(15)引用節の種類

 まず引用節なんですが、発言や思考とかに関する動詞があるとき、その内容が何なのかを補足する節のことです。「残念だと思った」のように、「思った」内容が「と」で表されます。これがとりあえずこの問題を解くための基本知識。

 次に、何を引用しているかに注目してみましょう。

 1 「口走った」際の発言内容が引用されてる
 2 「つぶやいた」際の発言内容が引用されてる
 3 「こぼした」は発言だから、発言内容が引用されてる
 4 「決心した」その内容を引用(発言内容じゃない)
 5 「誘った」際の発言内容が引用されてる

 選択肢4だけ発言じゃないのはポイント。引用節は発言(言う等)だけじゃなく、思考(考える等)、命令(命じる等)などいろいろあります。選択肢1、2、3、5は発言内容の引用で、4は思考内容の引用。

 答えは4です。




コメント

コメントする