次の毎日のんびり勉強会は5月9日(木)20時から。テーマは「名詞のアクセント型」

【N1文法】ただ~あるのみ/ただ~のみ

接続

(ただ+)動作性の名詞+あるのみだ

(ただ+)動詞辞書形+のみ
(ただ+)名詞(+助詞)+のみ

意味

 只有…
 只能…
 只好是…

解説

 限定の文法です。すべきことは一つしかないことを表します。
 「~するしかない」に言い換えることができますが、「~しかない」は話者の悲観的なニュアンスが含まれるのに対し、「~あるのみだ」は話者の積極的な強い意志を表します。
 前件に「ただ」が呼応することもあります。

 「のみ」はやや硬めの表現なので、会話では「だけ」が使いやすいです。

例文

(1) ただ前進あるのみだ。
     只需前进,不必迟疑。
     Just keep moving forward, no need to hesitate.
(2) 何事も練習あるのみ
     无论何事,只需不断练习。
     No matter what it is, just keep practicing.
(3) 成功するためにはひたすら努力あるのみ
     为了成功,只需持之以恒地努力。
     To succeed, just keep making relentless efforts.
(4) 今は耐え時。我慢あるのみだ。
     现在是忍耐的时候。只能忍耐。
     Now is the time for endurance. We can only endure.
(5) 私が相手。つまりお前は死あるのみ
     我就是对手。也就是说,你只有死一途。
     I am your opponent. In other words, you have only one fate, which is death.
(6) まずは行動あるのみ。結果は後からついてくる。
     首先要行动起来,结果会随之而来。
     First, take action, and the results will follow.
(7) 今は辛抱あるのみ
     现在只能忍耐。
     Now, all we can do is endure.
(8) 日々鍛錬あるのみ
     每天只有不断锻炼。
     Every day, it’s all about continuous training.
(9) 自分には何もできない。ただ嵐が過ぎ去るのを待つのみだ。
     我什么都做不了,只能等待风暴过去。
     I can’t do anything, I can only wait for the storm to pass.
(10) 他人の評価など関係ない。ただ突っ走るのみ
     别人的评价无关紧要,只需勇往直前。
     Other people’s evaluations are irrelevant, just keep charging forward.
(11) 神とは、ただ想像のなかにのみ存在する。
     神只存在于想象之中。
     God only exists in imagination.
(12) 幸福とはただ遠方からのみ見えるものだ。
     幸福只能从远方看见。
     Happiness can only be seen from a distance.
(13) 今はただ祈るのみ
     现在只能祈祷。
     Now, all we can do is pray.
(14) 連日の大雨。ただ家に引きこもるのみ
     连日的大雨,只能待在家里。
     Continuous heavy rain, can only stay at home.
(15) 考えているヒマはない。ただ動くのみだ。
     没有时间思考,只能行动起来。
     No time to think, just take action.
(16) 老兵はただ死にゆくのみ
     老兵只能走向死亡。
     Old soldiers can only march towards death.
(17) 人間は呼吸をして生きるだけ。人間に許された生き方はこの一択のみ
     人只是通过呼吸而活着。人类所能拥有的生活方式只有一种选择。
     Humans live simply by breathing. There is only one choice for the way of life that humans can have.
(18) 頭痛のみで熱は全くない。
     只有头痛,没有发热。
     Only have a headache, no fever.

備考

 【N3文法】~しかない




コメント

コメントする

目次