次の毎日のんびり勉強会は5月9日(木)20時から。テーマは「名詞のアクセント型」

【N0文法】~が~なら~も~だ/~も~なら~も~だ

接続

 名詞A+が+名詞A+なら、名詞B+も+名詞B+だ
 名詞A+も+名詞A+なら、名詞B+も+名詞B+だ

意味

 表示对两者指责
 两个N一样都不好
 AもBも良くない

解説

 それぞれ関係の深い二つの人や物を比較して、そのいずれも良くないことを表します。
 主観的な表現なので、しばしば批判的なニュアンスを含みます。

例文

(1) 世界を混乱に導こうとしている。ロシアロシアなら、アメリカアメリカ
     试图将世界引向混乱。俄罗斯不好,美国也不好。
     They are trying to lead the world into chaos. Both Russia and America are at fault.
(2) 妻は不倫、夫は借金。妻なら
     妻子出轨,丈夫有债务。妻子不好,丈夫也不好。
     The wife had an affair, and the husband has debts. Both the wife and the husband are at fault.
(3) 学生は悪いことをしたが、先生は殴る必要はなかった。学生学生なら先生先生
     学生做了坏事,但老师不需要打他。学生不好,老师也不好。
     The student did something wrong, but there was no need for the teacher to hit them. Both the student and the teacher are at fault.
(4) 万引きした子どもはもちろん悪いが、それを叱らない親にも問題がある。親なら
     偷东西的孩子当然不好,但不批评他们的父母也有问题。父母不好,孩子也不好。
     The child who shoplifted is obviously at fault, but there’s also a problem with parents who don’t reprimand them. Both the parents and the child are at fault.
(5) 無抵抗の犯人を撃ったのはおかしい。犯人犯人なら、警察警察
     开枪打无抵抗的罪犯是不对的。罪犯不好,警察也不好。
     It’s wrong to shoot an unarmed criminal. Both the criminal and the police are at fault.

備考

 特になし




コメント

コメントする

目次