文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

令和4年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(4)解説

令和4年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(4)解説

(4)熟字訓

 「一昨日」「五月雨」「雪崩」など一字一字の訓読みを合わせて読まず、複数の漢字をひとまとまりとして読むような訓を熟字訓と言います。熟字訓は漢字一つひとつが何と読むか分解できません。「一昨日」のどこが「お」なのか、「と」なのかってのは分からないのがその証拠です。

 1 きのう 熟字訓 (「さくじつ」なら漢語
 2 もみじ 熟字訓 (「こうよう」なら漢語
 3 てほん 和語(て)+漢語(ほん)
 4 しらが 熟字訓 (「はくはつ」なら漢語
 5 はたち 熟字訓 (「にじゅっさい」なら漢語

 選択肢3だけ熟字訓じゃない。
 答えは3です。




コメント

コメントする