所用で11日は勉強会ができなくなりました。次の毎日のんびり勉強会は4月18日(木)20時からにさせていただきます。テーマは「語義の変化」

【N1文法】~ともなく/ともなしに

目次

用法① 特定不可の出どころ

接続

 疑問詞(+助詞)+ともなく
 疑問詞(+助詞)+ともなしに

意味

 不知…

解説

 疑問詞について、動作や場所、時間等が特定できないことを表します。

 ・どこからともなく
 ・誰にともなく
 ・どちらからともなく
 ・どこへともなく

例文

(1) どこからともなく銃声が聞こえてくる。
     不经意间不知从哪里传来了枪声。
     Gunshots can be heard from somewhere.
(2) 二人はどちらからともなく手を繫ぎ、歩き出した。
     两个人不经意间牵着手走。
     The two of them, hand in hand, started walking from nowhere in particular.
(3) いつもガムを噛んでいることから、彼を「ガム男」と誰ともなく呼ぶようになった。
     因为总是嚼口香糖,所以不经意间被大家叫做“口香糖男”。
     Because he always chews gum, he has become known as “Gum Guy” without anyone specifically calling him that.
(4) 窓開けてるとどこからともなく良い匂いしてきた。
     打开窗户,不知从哪里飘来了香味。
     When I opened the window, a pleasant scent drifted in from somewhere.
(5) 誰にともなく言いたい。この気持ちを誰かに知ってほしい。
     我想漫不经心的说出来。我想让别人知道我的心情。
     I want to say it to someone without anyone in particular. I want someone to know this feeling.
(6) 陽も落ちて辺りが暗くなり始めた頃から、どこからともなく人々が集まってきました。
     太阳下山,四周开始变暗的时候,不知从何处涌来了许多人。
     As the sun set and the surroundings began to darken, people gathered from nowhere in particular.
(7) どこからともなく花火の音が聞こえてきて夏を感じた。
     不知从何处传来了烟花声,感受到了夏天的氛围。
     Fireworks sounds could be heard from somewhere, and I felt the arrival of summer.
(8) 不思議な光がどこからともなく現れ、どこへともなく消えていった。
     奇异的光芒不知从何处出现,然后又从不知何处消失。
     A mysterious light appeared from somewhere and disappeared to nowhere in particular.
(9) いい感じの雰囲気になってどちらともなくキスをした。
     氛围变得愉快,不知怎么的就发生了一场吻。
     The atmosphere became nice, and they kissed without any specific reason.
(10) どこからともなく臭いにおいがする。
     不知从何处传来一股奇怪的气味。
     There’s a strange smell coming from somewhere.
(11) 文句を誰ともなしに言ったところで世の中が変わる訳でもない。
     无论不知对谁发牢骚,世界都不会因此而改变。
     Complaining without saying it to anyone won’t change the world.
(12) 何処からともなしにお香の香りが漂ってきた。
     不知从何处飘来了悠扬的香味。
     The fragrance of incense came from nowhere in particular.

 

備考

 特になし

用法② 目的も意図もなく行われる動作

接続

 動詞辞書形+ともなく
 動詞辞書形+ともなしに

意味

 漫不经心地…
 无意志地…

解説

 意志動詞に接続し、その動作が無意識的に行われることを表します。
 見る、言う、話す等の一部の動作につきます。

例文

(13) 夜空を見るともなく見ていた。
     漫不经心的看着夜空。
     I was looking at the night sky without any specific reason.
(14) 宇宙の果てはどうなっているのか、考えるともなく考えることがある。
     宇宙的尽头会变成什么样,有时会不经意地思考。
     Sometimes, without intending to, I find myself pondering what happens at the edge of the universe.
(15) 友達と何を話すともなく話している時間が好き。
     我喜欢和朋友漫不经心地聊天的时间。
     I enjoy the time spent talking with friends about various things without any specific purpose.
(16) 掃除をしながらテレビを見るともなく見ていた。
     边打扫边不经意地看着电视。
     I was watching TV while cleaning, without really paying attention.
(17) 昨夜、雨音を聞くともなく聞きながら線香花火をした。
     昨晚,一边听雨声一边放了点香火。
     Last night, without any particular reason, I lit stick incense fireworks while listening to the sound of rain.
(18) 青春という命の季節は、いつ来ていつ去るともなしに過ぎてしまった。
     青春这个生命的季节,不知不觉间来了又去了。
     The season of youth, the season of life, passed without any specific arrival or departure.
(19) 過去にあった嫌なことを考えるともなしに考えてしまう。
     一边不经意地想起过去不好的事情。
     Sometimes, without meaning to, I find myself thinking about unpleasant things that happened in the past.
(20) 映画を暇なとき、見るともなしに見ている。
     在有空的时候,不经意地看着电影。
     When I have free time, I watch movies without any specific reason.

備考

 特になし




コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次