文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

令和5年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

令和5年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

(3)複合語のアクセント

 アクセントを聞いているので各拍の相対的な高低を見てみます。

 1 ーズかまぼこ

 2 ラブかつどう

 3 うじきょういく

 4 ちゅうかいはつ

 5 いりせいとん

 選択肢5だけ他と違うのが分かります。
 具体的にいうと5はアクセントの高いところが「せ」と「いとん」の2つ。日本語では、一つの語において高いところは必ず一つあるという音韻規則があります。言い換えると一語において高いところは一つしかありません。高いところが2つある「せいりせいとん」はこれで一語ではなく、二語扱いされていることがアクセントから分かります。一語は「整理」、もう一語は「整頓」です。

 答えは5です。




コメント

コメントする