文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

(11)「なら」の用法

 「なら」は主題を表すときもあれば、対比を表すときもあります。対比を表すときは「それ以外はそうではない」みたいな意味合いが出るのでそれで判別してみます。

 1 〇少しは話せるけど、多くは話せない
 2 ✕課長は帰ったけど、課長以外は帰ってない
 3 〇あの店はあるけど、他の店にはない
 4 〇カレーは作れるけど、カレー以外は作れない
 5 〇ゆっくりと歩けるけど、ゆっくりじゃないなら歩けない

 選択肢2だけ対比の意味がないようなので「課長は帰ったけど、課長以外は帰ってない」とは言えません。選択肢2の「なら」はただの主題を表す形式です。それ以外は対比の「は」。

 答えは2です。

 




コメント

コメントする