文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

(11)「てくる」の用法

 「てくる」は私調べなんですけど、次の7つの用法があります! (もっとあったらご指摘ください)

 ●移動時の状態 … 家まで走ってくる。
 ●順次的動作 … 予約をしてきますので、ここで待っていてください。
 ●動作の継続 … ずっと努力してきたのに、なかなか結果が出ない。
 ●少しずつ近づく … 二人の距離は近づいてきた。
 ●状態変化の開始 … 高齢者人口はどんどん増えてきている。
 ●出現 … 太陽が地平線から昇ってきた。
 ●こちらへの一方的な動作 … 知らない人が話しかけてきた。

 そこで選択肢を見てみると…

 1 少しずつ近づく
 2 少しずつ近づく
 3 少しずつ近づく
 4 少しずつ近づく
 5 状態変化の開始

 選択肢5だけ意味が違います。「てくる」の用法を詳しく知らなくても、問題を見つめていると5だけ違うのが分かると思います。選択肢1~4は何か物が移動してくるけど、5だけは物じゃなくて気温だし。
 だから答えは5です。

 参考:【N4文法】~てくる




コメント

コメント一覧 (5件)

  • 高橋先生
    いつも大変わかり易くご解説いただきまして、ありがとうごうざいます。
    この問題の考え方につきまして、1、3、4、5は動詞+補助動詞の形式で、出題の題意である
    「てくる」の用法。2だけは動詞「遣って来る」と考えることはできないのでしょうか。そう考えますと、
    2だけは動詞そのものですから「てくる」の用法から外れることになると思うのです。
    動詞「遣る」は「手前から遠くに向かって行かせる、進める」の意味ですから、補助動詞「来る」を
    接続した「てくる」の用法だと考えるには、少し無理があるのでは無いかと思うのです。この考え方は
    間違っているでしょうか。
    試験当日、そのように考えて2を選択し、間違えてしまいました・・・。
    よろしくお願い致します。

  • >Steveさん
    コメントありがとうございます。
    「やる(遣る)」は場所を移動させることを表す動詞です。おつかいにやる、使者をやる等々… そこに移動の方向を限定する補助動詞「てくる」がつくことによって、他方からこちらへ移動することを表すようになっています。
    「やってくる」は「やる」と「くる」がテ形によって繋がれていますから、本動詞「やる」と補助動詞「てくる」に分解可能です。
    それからここでの問題は「てくる」の用法ですので、「てくる」の意味に着目するといいと思います。

  • 高橋先生
    そうですか、動詞と補助動詞に分解可能なんですね。
    私の語感や捉え方はどうも偏っているのではないか?と、自分自身で常々疑問を感じているのですが・・・。
    ヘンなところに引っかかる悪い癖があり、一旦引っかかるとなかなか抜け出せません。
    なんとかしたくて色々本を読んではいるのですが。
    ありがとうございました。

  • 私もこの問題は微妙だなと思いました。
    1,2,3,4は 場所、5は時間 という区別で 5を選択しました。

  • いつもありがとうございます。私は単純に、1、2、3、4は人やモノの物理的な移動を伴うもので、5は温度の変化であって何かがAからBに移動するものではないと考え、5を選びました。

コメントする