毎日のんびり勉強会開催中! 誰でも参加可。詳しくはこちらから

平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(10)解説

平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(10)解説

(10)「の」の働き

 1 〇どこの留学生? → 中国の
 2 〇いつの朝刊?  → 明日の
 3 〇なんの本?   → 文法の
 4 〇だれの妹?   → 友達の
 5 ✕どんな到着?  → 客の

 選択肢1~4は「どんな?」や疑問詞に対する答えに対応するのが「の」の前の名詞になってます。つまりこの「の」は後ろの名詞の属性や性質を表すものと言えます。

 しかし選択肢5はそれができません。選択肢5は「AのB」において、AはBの動作の補語に当たるものです。「客が到着する」みたいにガ格の関係があります。他にも「アイドルの来日」「10時の出発」などがそうです。

 したがって答えは5です。




コメント

コメントする