文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

(12)「~て」の用法

 この問題の場合は「~ながら」に言い換えられるかどうかが一番簡単です。

 1 〇持ちながら
 2 〇抱えながら
 3 〇入れながら
 4 ✕置きながら
 5 〇かけながら

 選択肢1、2、3、5は付帯状況を表す「て」なので「ながら」に言い換えられます。選択肢4だけは動作の順序を表す継起表現の「て」だから「ながら」に言い換えられません。

 答えは4です。




コメント

コメントする