文法・音声対策講座が7月28日(日)からはじまります。残りお席わずか

平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(1)解説

平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(1)解説

(1)ばらら

 「な」が「ら」になってます。
 「な」の子音 [n] は有声歯茎鼻音、「ら」の子音 [ɾ] は有声歯茎弾き音なので、調音法の誤りです。

選択肢1

 「な」が「ら」になってます。
 [n] が [ɾ] になるのは問題文と同じで調音法の誤りです。

選択肢2

 「ね」が「れ」になってます。
 [n] が [ɾ] になるのは問題文と同じで調音法の誤りです。

選択肢3

 「ね」が「れ」になってます。
 [n] が [ɾ] になるのは問題文と同じで調音法の誤りです。

選択肢4

 「で」が「れ」になってます。
 「で」の子音 [d] は有声歯茎破裂音、「れ」の子音 [ɾ] は有声歯茎弾き音なのでこれも調音法が違います。

 全部調音法の誤りでしたが、何と何を混同してるか詳しく見ると次のようになります。

 1 「な」が「ら」になる 鼻音→弾き音
 2 「ね」が「れ」になる 鼻音→弾き音
 3 「ね」が「れ」になる 鼻音→弾き音
 4 「で」が「れ」になる 破裂音→弾き音

 選択肢4だけ破裂音から弾き音になってます。答えは4です。

 




コメント

コメントする